ギフト
★★申込みは、無料メルマガ会員募集登録から★★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  先週末発表された米経済指標。

  失業率   予想 7.5%  発表 7.6%

         過去16年で最悪。

  非農業部門雇用者数   予想 -54万人  発表 -59.8万人

         1974年12月以来の落ち込み。

   但し、直後にホワイトハウスが「大胆な政策の必要性を高めてい

  る」との発言でダウは200ドル以上上昇して終わっています。いわ

  ゆるこのままの数値だと株価は下落するため、「口先介入」をした

  わけです。肝心なのは今後で、実際は悪いものを期待感だけで維

  持しているのは、それを裏切った時の失望は大きなものになるよと

  いうこと。介入といえば数年前まではよく日銀が「円高阻止にドル買

  い円売りを○○億円しました」というニュースがTVなどで流れました

  が、それでおさまることなく尚いっそうの円高になる、なんてことはよ

  くありましたし、最近では昨年10月G7は円高を牽制する声明を出し

  ましたが、それ以上の円高になっているのは皆さん周知の事実です

  期待感を持たせて支えたならば、最後までやり切れるのか、皆が「

  買える!」となる政策を打ち出せるのか危急存亡の国の新大統領の

  手腕が問われるところとなりました。

   さて、月曜いきなり機械受注統計発表からスタートする日本ですが

  予定が今週は目白押しです。9(月)には米財務長官が新たな金融

  対策を発表しそうですし、10(火)にはバーナンキFRB議長が議会

  証言、そして、13(金)にはG7といった感じです。焦点は月曜に高く

  寄り付きそうですが、1週間それをキープできるのか?でしょうね。

   最後に1目日足の雲が捩れました。相場反転ないしは、大きく動く

  とよくいわれます。あわせて見て置きたい所です。長くなりましたの

  で、月曜の攻防は夜更新いたします。
  
 
ランキングに参加中!ポチっとお願いします!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。