ギフト
★★申込みは、無料メルマガ会員募集登録から★★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦略
原油価格次第では、CPI の上昇率は一時的に2%を超える可能性もある。世界経済減速下での原油価格の高騰は、日本経済の下押し要因となろう。


ランキングにポチっとね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。